熱中症対策!

9月になりましたがまだまだ暑く、体調を崩す方も多いですね。そこで一番気をつけないといけないのは

やはり熱中症でしょう。以下に以前見かけたニュースを載せてみます。



東京都監察医務院や警視庁によりますと、今月10日、東京・新宿区西新宿の路上で、
自転車を押して歩いていた40代の男性が倒れているのが見つかりました。
男性は病院に搬送されましたが、死亡しました。東京都監察医務院と警視庁は、
熱中症とみられる症状で死亡したとみて調べています。


この時期にしかも40代という若さで熱中症にかかり、さらに亡くなってしまうと言う最悪の事態が起こってしまいました。


ここから読み取れる危機は「年配の方や子供たちだけが被害に遭うのではない」ということです。



顧客にも熱中症に気を付けるようには日ごろからよく話していますが、対策がきちんとできている方はまだ半数と言ったところでしょうか。



特に勘違いしやすいのは「水分さえ摂ればなんとかなる」という事です。帽子も煩わしいし、喉が乾いたらとりあえず潤しておけば良い、というのは間違いです。必ずミネラル、特に重要なのは少量の、あくまで少量の塩分です。水分の摂り過ぎで体内の塩分濃度が薄まると結局熱中症が発症してしまうこともあるからです。

もっと言うなら電解質とか難しい話をするなら薄めたポカリが一番優れているかと思います。経口補水液なんかも良いですよね。水分と塩飴なども組み合わせとして良いと思います。寝る前や途中で起きてトイレに行った後もコップ一杯水分を補給した方が良いです。寝汗はかいているつもりがなくてもしっかりかいていて、水分は寝てる間に相当奪われているからです。


暑い中作業や歩いていたらなんだかめまいが・・・

なんだか体が重だるい・・・

手足がしびれてきた気がする・・・

足がさっきからつるなあ・・・


このような身体のSOSは決して見逃さない様にしてくださいね!






True Treat GINZA(完全予約制)

診療時間
平日(月〜金)
9時〜21時(最終施術開始20時)
土曜日
9時〜12時(最終施術開始11時)
日祝
休み(他年末年始・お盆休み等不定休。ホームページもしくは代表ブログでお知らせします。)
電話番号(電話予約は当日のみ)
03-6264-3372
アクセス
  • 東京都中央区銀座3丁目11-19
  • 東京メトロ日比谷線/東銀座駅3番出口(歌舞伎座)より徒歩3分
  • 東京メトロ銀座線/銀座駅A7出口(三越出口)より徒歩3分
  • 都営浅草線/東銀座駅A7出口より徒歩1分

※会員の方は毎回会員カードを施術前にご提示ください。
※会員貸与は認められません。また、紛失の際には再発行手数料が¥1000かかりますのでご注意ください。